ゆったりまったり雑記帳

その名の通り、雑記帳です。

教育現場から 39 今週の反省

週半ばでへばる。ごきげんよう、桃ちゃんです。

仕事に穴を開けない

週休3日制を固く守り抜いているので、週半ばでガス欠を起こしてもなんとか立ち直ることができました。持続可能なシステムを維持したい。でも、それは常勤になれないということの裏返しでもあります。私は一生非常勤でもいいかな、とも思っているのですが、それはそれで怪しまれる経歴でもあり……職場の偉い人がちゃんと私の精神と肉体の弱さを知ってくれていればいいのですが、いちいち説明するのも大変で、偏見もあるし、ちょっと困っています。でも季節の変わり目である今は、7時に起きるのもやっとなので、本当に頑張れなくなっちゃうかも、なんて不安になります。でも1年間は勤め続けると決めたので、仕事に穴を開けずに頑張ります。

フィードバックをしても……

現在6年生と取り組んでいる単元は、提案書を書くのですが、文章がねじれたり箇条書きになってしまったりと、全体に書くことが苦手なクラスの様子。でもフィードバックを読んでくれないので改善されない。悲しい。そんな悲しみの連鎖を断ち切るべく、授業時に口が酸っぱくなるほど「お返事見てね!」と言い続けています。これで気付けないならそこまでだ。私の指示の出し方も悪いし、この単元とは相性が悪かった。でもそんなふうには思いたくないので、ギリギリまであがこうと思います。できるだけすべての子に返事して、改善してもらって、時間内にいいものを作る。それが今の目標です。

最近の成長

桃ちゃんはフリーダムな板書を作成することで有名でしたが、最近は計画が無くても整った板書を作れるようになりました。成長。そして声のトーンを変えてメリハリをつけるというスキルも習得しました。成長。子どもたちと一緒になって、私も成長しているな、と感じることが多くなりました。子どもたちと職場の雰囲気のおかげですね。

今週の実践

先週に引き続き、「カルテ・クセジュ」と「レーニンノート」の報告を。

カルテ・クセジュがだいぶ育ってきて、興味の方向が変わったり、疑問が積み重なったりした子がいました。それは非常に良い傾向なので、そのままにしておきました。というのも、興味関心を広げるうえでカルテ・クセジュは効果を発揮すると感じていて、その内容が変わることを前提に設計されているのでは? という考えのもと導入したからです。本来の使い方とは異なるのかもしれませんが、彼らにとっては良かった模様。レーニンノートについてはコメントがざっくりしすぎている子と細かい子と、二極化しています。これは私がどう指示を出したかも問題になるのですが、思考の深さのひとつの指標だと思うので、これをもとに成績資料を打ち込もうと思っています。できるだけ「いいところを褒める」作戦でいきたいので、上手にレーニンノートをまとめられている子をモデルに、全員がブラッシュアップできればいいな、と。

最後に反省ノートを。それでは、また。

今週の反省ノート

 

内田慎之介さんの個展に行ってきた話

たくさんのお話を伺えました。蔵出し。

内田さん略歴

画業が軌道に乗って……

内田さんが会社を辞めて4年。そして年から海外進出を進め、今年もドイツに行く予定だとのことでした。え、でも今円安では……? と率直な疑問をぶつけたところ「行くのがしんどいです(予算的に)」というお返事が。そうですよねー!! それでも海外のほうが大きな絵を飾る文化があるようなのです。そもそも内田さんのイラストは精巧で緻密、線の細かさが魅力。その細かさを壁面に再現するのだから、そりゃ海外の人たちも「WAW!」「AMAZING!」ともなるよなあ……と。だから海外ウケが良いようなのです。また、海外のほうが単純に土地が広く、自宅の中に飾れるだけの壁面も多いためかも? という内田さんの分析もありました。なんにせよ、今は画業だけで1年間乗り切ったということで、大変めでたい! でも謙虚に頑張り続けたい! というお話でした。

展示の様子

初めての水彩

今回は展示スペースに水彩画が置いてありました。めちゃくちゃカッコいいのですが、まさかの「(絵の具は)Can Doで買いました」――内田さん、いくらなんでも材料費が安すぎます! 水彩もやってみて、研究してみたいとおっしゃっていました。画業に対するひたむきな姿勢が感じられて、そのお姿に思わず桃ちゃんは「なんだか自信がついたみたいですね!」なんて安易なことを口走ったのですが……

「他の人と比べない」「実力勝負の世界だから」

というシビレル回答を頂きました。

他の絵描きさんは、事務所を持っていて、荷物を持つ係の人もついてきて……とほぼ芸能人のように仕事をするそうなのですが、内田さんは完全に個人営業です。でも、会社を辞めてから絵を本気で仕事にすると決め、その過程で多くの作品を生み出し、ロト6のCMになったり大使館の壁面を飾ったり、目覚ましい活躍を見せてくださいました。それが今の仕事に繋がっていて、内田さん自身の中にも「自分でやれる」「このくらいの仕事なら受けられる」「こういう仕事ならできる」という確信にも変わったそう。他人と比べても仕方ないけれど、勝負は絵でつける。そんな確固たる決意が感じられました。

噂の水彩

アトリエが欲しい

今後の展望としては「アトリエがほしい」という話が出ました。なんでも「アパレル等の在庫が家では管理できない」とのことで……それはたいへん……せめて作業部屋が欲しい! とおっしゃっていました。相当今のおうちでのイラスト制作は困難を極めているようで、「思っている以上に限界です」とのこと。皆さん在庫を枯らすなら今です!! 今しかないです!! 描くことに対して貪欲に、誠実に向き合うことにした内田さん。「たぶんそういう、壁を乗り越えていく星のもとに生まれたんだと思う」なんてお話もありましたが、壁にマンガを描いてアートに変えることで壁を乗り越える、そのタフな人生からはまだまだ目が離せそうにありません。

変えてやったぜ運命

26日までデザインフェスタギャラリーWESTの1階で内田さんのライブペイントも見られますので、ぜひその目に焼き付けてください。

※桃ちゃんちの本棚は倒壊しています

今週のお題「本棚の中身」

本棚には夢が詰まっているからね。

いかにして桃ちゃんは読書好きになったか

亡き父が読書家でして、いろいろな本を幼少期から与えられて育ったわたくし。今でも本には金に糸目を付けない勢いで購入します。そのため本棚が倒壊したのですが、それは仕方のない犠牲であります。まあそんなことは措いておいて、桃ちゃんは父の影響を受けて教師の道を歩むことになりましたし、父のことは大嫌いでもあったけれど今でも大切な家族として愛していますし、そんな想いも本棚には詰まっています。本棚を組み立ててくれたのは父ですしね。

で、実際のところ何が入っているの?

ゲームソフトや化粧品を入れる棚も本棚の中に併設したので、かなり混沌とした本棚ですが、基本的には教育関連、言語・国語関連の本がずらりと並んでいます。すべて読んだ、とは言えませんが、本棚の中にまだ読んでいない本があるというだけで生きる糧になるので、大事な余白として愛蔵しています。

ジュンク堂に行くようになってからは専門書も増えましたし、神保町の青空古本市で手に入れた古書も棚にあります。読めなくても持っているだけで「参照する」ということができるので、それは非常にメリットだなと思うのです。何があっても「本棚を探せばリソースがある」という安心感はでかい。特に、教育と文筆業という言葉を扱う仕事をしている身としては、自分の蔵書が役に立った、という場面は山ほどあるのです。

本について

本を読まなくても生きていけるし、本を読んでもお腹は膨れません。本を買うより大事なこともあるでしょう。でも、私にとって本は「自由」と「力」を与えてくれた、大切な存在です。本を読んでいる間は、制約を受けずに想像の翼を羽ばたかせられた。本を読んでいたから、今の仕事にありつけた。本には感謝しかないのです。だからこそ、本棚には夢が詰まっている、などどロマンティックなことを堂々と言うのです。

倒壊はしたものの、まだ使えるし、床には積んでいないのでセーフ! それでは、また。

教育現場から 38 今週の反省

まさかの事態に対応できる力がついてきました。ごきげんよう、桃ちゃんです。

教えに教えまくった1週間

授業の時数が半端なく多かった今週。桃ちゃんは様々な問題に立ち向かいました。classroomの提出遅れの対応、資料共有の仕方の問題、イレギュラーで発生した授業……もうてんてこまいとはこのことです。頑張ったよ。プール指導や行事の企画が始まっている関係で、どうしても時間割変更が多発してしまうのですよね。そんななかでも授業の質だけは落とすまいと必死こいていた1週間でした。その成果はきっと、これから出てきてくれるはず。うまく「教える」だけでなく「学ぶ姿勢」「仲間と一緒に困難に立ち向かう姿勢」を身につけてほしいと願う毎日です。

通級での出来事

学校になかなか来られない児童の対応をしたのですが、通級指導教室で行う授業は絶対に取り出しの教科に関係するものにすべき、とはいかないのだな……ということを知りました。ひとくちに「勉強が苦手」と言っても様々なグラデーションがあり、多種多様な課題があるのです。今教えている子は「法則性を覚えるのが得意」だけれど「コミュニケーションを取るのが苦手」だったり、「気持ちに敏感で独特の感性を持っている」けれど「集中が続かないのが課題」だったり、本当に多様な子たちに合わせて授業を設計していかなくてはいけないな、と己の非力さに打ちひしがれております。文法中心に教えることも、悪ではないけれど教科書がおろそかになってはいけないし、だからといって教科書内容はハードルが高いし……毎回すごく悩みます。言葉遊びのゲームばっかりやらせるわけにもいかないし。でも集中は続かないし。どうすりゃいいのさ、というときには、ベテランの先輩に相談して進度をすり合わせるようにしています。こういうときに頼りになる相手がいて良かった。恵まれています。読解活動はその先輩に任せて、私は漢字や語句、SSTを主に担当する、という役割分担もできているので、メリハリがついたのもいいことだったのかもしれないです。何はともあれ、難しい指導の局面でもめげずに頑張っているよ、という報告でした。

6年生での実践――遂に思考ツールを持ち出したよ

6年生は1学期最大の単元「提案文を書く」に差し掛かっています。漢字のテストもあるし、ここから書写の指導もしないといけないので、なんとか45分の中で作文指導の時間をひねり出さないといけないのですが、そのためにICTを活用することにしました。こまめに提出させてフィードバックを適切に与え、ブラッシュアップを重ねてよりよくしていく、という作戦を取りました。その際に思考ツールとして読書猿氏の「独学大全」に出ていた「カルテ・クセジュ」と「レーニンノート」を使用することにしました。カルテ・クセジュで思いつく限りのキーワードを出して書けそうなテーマを決め、レーニンノートで集めた情報に提案の種を探す、という方式で作文させてみることにしています。こんなに高度なことをやらせて大丈夫か? と心配にはなりますが、彼らを信じて進んでいこうと思います。この思考ツールは一度使い方を覚えれば大学卒業後まで使えるので、今のうちに覚えてもらいたいところ。頑張れ! 桃ちゃん先生も頑張る!

最後に今週の反省ノートを。それでは、また。

今週の反省

 

教育現場から 37 今週の反省

お仕事イヤイヤ期の桃ちゃんです。ごきげんよう。お仕事に行けばあとはスムーズにいくのにね。

プール指導、開始

直接は関わらないのですが、遂に勤務先でも水泳指導が始まりました。しかしこの不安定な気候のこともあり、なかなか思うように入れず子どもたちはフラストレーションをためこんでいます。そのため授業もなんとなく荒れがちになっています。補助で何人か先生が見に来てくださるので、それだけが救いです。ただ、「オトナの世界の話をする」と食いつくことがわかっているので、「高校生になったらね……」とか言って、興味を引いています。最近は「近代」について、さわりのさわりだけ教えました。何か響くものがあればいいのですが。

ICT、使い倒す

ひとり一台chrome bookを支給されているので、google classroomをはじめとするアプリで授業をしています。最近革新的なアイデアを頂いたのが音楽の授業。「google music labo」というアプリで、なんと楽器演奏ができるのです。すごい。教えてくれた先生には感謝しかない。音楽の授業が、なんとなくCDを聞いて終わりになっていた支援級の子どもたちでも、自分の力でできることの幅が増えて、大変うれしく思っています。リズムに合わせて体を動かしたり、画面をタップしたり、それぞれ楽しんで授業を受けてくれているようです。遊びから学ぶことは多いですね。

遊びから学ぶ、といえば、上級生が下級生のけんかの仲裁に入ったり、虫取りのしかたを教えたり、そういう異学年交流が盛んなので、うちの学校は上級生の面倒見がとてもいいのです。これは個人的にすごくありがたいと思っていて、大人には話せないことでも上級生のお兄さんお姉さんになら言える、ということもあるし、そこから自分たちで解決することを覚えていく、そういういい循環が生まれるからです。上級生が手本となって、下級生を引っ張っていく姿勢に、今日も背筋が伸びる思いでした。

閑話休題。ICTの話ですね。

6年生の授業では、スライドを作成してモニターに投影、適宜メモはPCまたはノートで作成……という形をとっています。子どもたちのほうがアプリ等には詳しいので、教わることも多いですが、私の授業ではとにかく「教師も子どもも、お互いに何がしたいのか話をしていく」ということを徹底しているので、子どもの側から出たアイデアや要望も過度なものではない限り許しています。PCによるノートテイクもそのひとつです。そのせいなのか、漢字が書けない子が多い気もしますが、そこは漢字練習の取り組ませ方に問題があるということなので、探り探りやっていこうと思います。ちなみに、リフレクション活動もオンラインでやっているのですが、紙でやりたいという子もいて、とりあえず全員に配信→採点、コメント返却を紙と合算して実施、とすると未提出者が一発でわかるので非常に便利だな、と思っています。

今週の実践

ややトークに重きを置いてしまった、けれどもウケが良かった「天地の文」について。明治時代の文章を音読してみて、気付いたことをどんどん発言してもらいました。七五調の話や内容の踏み込んだ話などをして、月の異名も教えたり、学制についても触れたりしました。子どもの視点からはそういう「へえ~」と思うことが多かったようで、なかなか反応は良かったです。集中して授業を聞いてくれたし、何より面白かったのが「二百年前は人生が五十年くらいで終わる」というのを聞いて、「二百年で倍になったね」「じゃあ五十年経ったら二十五歳は平均寿命が延びるかな」「ありそう~~」とか発言してくれたこと。子どもの柔軟な発想に感動しました。

最後に反省ノートを。それでは、また。

今週の反省ノート

 

教育現場から 36 今週の反省

へろりんちょです。ごきげんよう、桃ちゃんです。

母と盛り上がる

同じく小学校の教員をしている母と、仕事の愚痴を言い合うのが最近のブームです。「支援級あるある」が山ほど出てくる。母のほうが小学校や支援級の現場に関して言えば先輩なので、様々な教えをもらっています。自閉症の子は写真で「何をするか可視化する」とか「音楽の時間では楽器を作ったり身体でリズムをとったりする」などは非常に参考になるアイデアでした。どうしても経験で劣るので、先達の教えを活かしながら授業を進めていきたい。学校によって支援級の扱いはだいぶ差があるので、うちの学校は非常に恵まれているみたいです。校長先生の意向で変わるので、ありがたいことだと感謝しながら仕事をしていきたいです。

友と盛り上がる

先週大学時代の同級生で、唯一今でも連絡を取り合っている子と会ったのですが、参考になりまくりでした。「身体感覚に落とし込む」「基礎を作る」という意見をくれたのもその友人です。過酷な労働環境のもとバリバリ常勤として働いているので、本当にすごいなと思っています。彼女の教えてくれた「空書きは手のひらで、3回書く」と「体で“折れ”と”曲がり”を表現させる」「姿勢のページをモニターに映しておく」という書写のやり方を導入したところ、落ち着いて書くことができたり、いい字を書けるようになったり、非常に効果があったので、さすが……となるなど。「愚者は経験に学び……」とは言いますが、この業界では経験も有益な学びになるのですね。

今週の実践

6年生と短歌の授業の総まとめとして、Jamboardを使った交流を実践してみました。大多数の子は真面目に感想を送って楽しんでいたのですが、一部の子がいわゆる「荒らし」行為をしてしまい、私が怒るという結末に。担任の先生と連携して事態に対処することになりました。生徒指導の難しさはここにあって、私は「きみたちの要望や提案を受け入れたいから、代わりに言うことは聞け」というトレードオフ方式で授業をやっているのですが、それをぶち壊しにするのですよね、荒らしの子たちのひとつの行為が。それでクラスの雰囲気も悪くなる。怒りたくはないけれど、感情が無いと思われてもいけないし、厳しく接することで離れていく児童もいます。その塩梅が難しいと思っています。なんとか次の活動までに授業規律の再確認・徹底を図りたい。そしてICTを文具にすることは(うちのクラスでは)可能なので、どんどん取り組んでいきたい。使いこなせて損なものではないので、文具としてうまく活用する方法を考えたいです。

最後に反省ノートを。それでは、また。

今週の反省

覚書・各校種での指導について

覚書なので、要点だけざっと書いていきます。参考までに。実践する際は必ず横並びの先生や、主任にご相談を。

高校

底辺校では、基本的に捨てている教科では寝るか内職をするので、最初に授業ルールを定めて、運用を徹底する。成績で理解させた方が早い。質問には全力で答えてあげたほうが、自分も質問者も伸びる。やる気がない生徒には構わなくてもいい。困ったら厳しめの管理職に相談すること。いじめなどの重大な相談事は複数人対応が鉄則。週に1回は教科会、1ヶ月に1回は学年会ができるとベスト。板書計画は立てても、それどおりにする必要はなく、その生徒の実態に即して変更できるのが良い。ICTの活用は生徒によって得意不得意のムラがあるので1年かけて育てていくイメージでいると良い。テスト作問時には、教科書以外の文章を持ってくるのもアリ。底辺高校でもできました。

中学

わりと授業中に脱線することが多いので、その脱線からいかに本筋に戻るかという点で手腕が試される。コンクール系はテーマと締め切りを確認して早めに提出する。なるべく生徒の意見を尊重する(自主自立が芽生え始めるので)。男女比や担任の方針など、クラスによって雰囲気が大幅に変わるので、そのクラスとの折り合いをつけられるかが勝負。漢字は「読めれば最低限クリア」だということを忘れずに。テストの問題ではドリルから出題することもあるけれど、本音を言えばドリルを下敷きにしたオリジナル問題で勝負してみたい。成績会議で引っ掛かる子がいないように、基礎から積み上げたものを発展させていく意識を持つ。

小学校

ICTでスライドを使うのが効果的。モニターはサブの黒板として、常に表示しておきたいものを映すと良い。黒板のそばや黒板そのものに貼るものは少なめに。書字に時間がかかるので、とにかくノートを写す手間を省かせる。プリントで授業を行うのも良い。給食や掃除も始動の一環なので、「いいことは褒める」「わるいことは淡々と直させる」を徹底すると良い。役割を与えるといきいきし始める子もいるので、かかわり方で変わる部分も大きい。NHKとかの動画を見せるとかなり食いつく。45分は短いのでやることをテンポよく詰め込む。ノートを写すだけの授業にしない。活動を必ず入れる。低学年は合言葉を決めると授業規律が整う。はじめてだらけの学校生活なので、何が起きても対応できる能力が求められる。

 

校種が違っても通用する部分はあると思うので、何かの参考にしてください。それでは、また。